コンサルタントの部屋(伊神秀生)

氏名・所属

氏名:伊神 秀生 (いがみ ひでお)
所属:安田倉庫株式会社 物流推進部

略歴・自己紹介

1959年名古屋に生まれ育つ。

大学卒業後、射出成形、プレス、弱電の組み付けなどの会社で生産管理の仕事に従事。

その後、真空成形メーカーでパッケージ分野の様々な経験を積み、独自のアプローチでシートフォーミングの新たな実用化を目指した。当時、自ら年間千枚もの出図を行い多種多様なデザインを行ってきた。

シートフォーミングのパッケージデザインは、松下電工(当時)、NGK、シャチハタなど、多くのコンシューマ向け商品の包装形態に多大な影響を与え、特に物流トレイのデザインは、現在のトヨタ、ホンダ、スズキの部品輸出梱包の基礎となった。1994年に名古屋市工業技術振興協会長賞を受賞。その頃からシートフォーミングの専門書執筆を始め、専門誌への連載や、技術セミナーの講師なども行った。半導体輸送トレイのデザインを手がけるとともに、NidecやIBMなどに向けて先駆的デザインをするようになった。

1999年にIBMの下に移り、HDD用スピンドルモーターや半導体などの輸送容器の設計を多数手掛けた。委託先の海外のプラスチック成形メーカーを回り、品質チェックと現地指導をこなすとともに、自ら次世代デザインを発表し続けた。

2001年にはIBM向けHDD用パッケージでワールドスター賞などに輝いている。IBMがコンピュータのハードウェア事業から撤退したのを機に、IBMのロジスティクス子会社を引き継いだ安田倉庫の子会社(JBL)に移った。現在は、現場指導経験を生かしたロジスティクスの改善指導を内外に行っている。現場改善に必要な物流資材の開発も行っており、それらは日本ロジスティクスシステム協会(JILS)の物流改善優秀事例や、日本包装技術協会のグッドパッケージング賞などを受賞している。

得意分野

プラスチック成形加工(シートフォーミング・真空成形・熱成形)
ロジスティクス(現場改善)
2級ロジスティクス管理スペシャリスト
2級ロジスティクス・オペレーションスペシャリスト
2級生産管理プランニングスペシャリスト

連絡方法

技術的ご質問は以下のセミナーにてご対応いたしております。
セミナーについては、以下の主催者ホームページより、お問い合わせください。
・㈱R&D支援センター
・サイエンス&テクノロジー㈱
・プラスチック工業技術研究会

書籍

真空成形・熱成形 シートフォーミング(日報ビジネス株式会社)

プラスチックシートフォーミング(日報ビジネス株式会社)

マンガと写真でわかる初歩のシート成形(株式会社R&D支援センター)

マンガと写真でわかる初歩のシート成形

代表的な1日セミナーのプログラム

●プログラム
1.各成形法の概説
1.1 成形加工の歴史
○真空成形(バキュームフォーミング)・熱成形(サーモフォーミング)・シートフォーミング(シート成形)の3要素
○真空成形機・熱成形機の形態
○成形用シートの夜明け前
○セルロイドシートの利用
○シートの実用化
○成形技術と成形機械の進歩
1.2 形態の進化
○ブリスターパッケージとクラムシェルパッケージの分類
○緩衝性能の付与
1.3技術の変遷
○近代的シートフォーミング技術の進歩

2.各成形法の体系
2.1 圧力形式による分類
○モールディング(molding)とフォーミング(forming)
○代表的成形法
2.2 シンボルによるプロセスの体系化
○シートフォーミング(シート成形)の体系
○圧力形式のシンボル化
2.3 真空成形(バキュームフォーミング)と熱成形(サーモフォーミング)の特徴
○真空成形(バキュームフォーミング)と熱成形(サーモフォーミング)の長所短所と事例
○加飾成形と中空成形の近代的手法と古典的手法
○意匠設計の事例

3.成形技法
3.1 巨視的現象(不具合現象含む)の種類
○2つの代表的成形法と巨視的現象(オス型)
○(A)ドラッギング(オス型・メス型)
○(B)薄肉化
○(C)ウェビング
○(D)異方性
3.2 厚みのコントロール
○成形におけるドラッグ現象
○成形法と流動現象の関係
○成形における微視的現象
3.3 成形品の評価法
○超音波厚さ計
○外観検査用3D拡大鏡
○サーモグラフィック

4.成形理論
4.1 薄肉化理論
○メス型の成形における薄肉化理論
4.2 プラグアシスト
○成形プロセスにおけるプラグアシスト
○プラグにおける三大要素
○プラグを設計する時に必要な3つの考慮
4.3 CAE技術
○シートフォーミング(シート成形)におけるCAE解析の事例
○ベンチマークの概要
○シートフォーミング(シート成形)におけるCAE解析の有用性

5.応用設計
5.1 メディカル分野での応用
○メディカルキットの事例
○機能性PTP包装の事例
○インタラクティブ型パッケージの事例
5.2 ロジスティクス分野での応用
○緩衝設計の事例と設計技法
5.3 技術展望
○シートフォーミング(シート成形)の発展と現象把握の変化
○要求性能の比較
○プラスチック成形の種類と特性
○圧力形式による新しい成形法の可能性
○マクロ的シートフォーミングとミクロ的シートフォーミングの事例紹介
○概念の集約と拡張
○シートフォーミング(シート成形)の新しいベクトル
○自動車部品の軽量化への展開
○航空部品の軽量化への展開
○シートフォーミング(シート成形)の技術展望

□質疑応答□

セミナーの予定

●セミナータイトル
プラスチックのシート成形(真空成形・熱成形)技術の理論と応用設計技法~シートフォーミングの基礎と高付加価値プラスチック成形品へのアプローチ~

http://www.science-t.com/st/cont/id/25125

●日時:2016年4月22日(金) 10:30~16:30

●会場:東京・品川区大井町 きゅりあん

●主催:サイエンス&テクノロジー