協賛イベント 「サステナブル社会の実現とこれからのプラスチックを考える」

株式会社プラスチックスエージが主催し当社(プラスチックス・ジャパン株式会社)が協力して表題のイベントを開催いたします。当社の秋元も登壇します。

イベント背景

昨今のプラスチック廃棄物問題や海洋プラスチックごみ問題がクローズアップされる中で、「プラスチックのこれから」をもう少し大きな視点から考える良い機会と捉え、セミナーを開催することにいたしました。

プラスチックのもつ『光』と『影』双方に視点を当てて考える必要があるのではないでしょうか。いくつかの分野でサステナブル社会実現への模索が始まっていますが、もう一度足許からプラスチックのもつ優れた特質とその課題について展望してみたいとの思いで、新たにセミナーを開催することにいたしました。

イベント概要

主催:株式会社プラスチックスエージ

協力:プラスチックス・ジャパン株式会社/テクノネット社

日時:2019年12月19日(木)9:45~17:00(受付:9:15より)

場所連合会館(東京・御茶ノ水)201号室

参加費:下記の参加費は消費税を含みます

このサイトをご覧になった方は、プラスチックス・ジャパン株式会社の協力会社割引が適用されてお得です。

「プラスチックス エージ」購読者および関係者割引(1名):26,000円
協力会社割引 プラスチックス・ジャパン(株)、テクノネット社(1名):29,000円
(4,000円お得)

一般参加者(1名) :33,000円

交流会:セミナー終了後、会場内で開催します(参加費3,000円)<<消費税含む>>

お支払方法:参加費・交流会費は当日会場にて徴収、領収書を発行します。上記金額にはテキスト代を含みます。

定員:80名(定員になり次第締め切ります。早めにお申込み下さい。)

申込み締切り:12月13日(金)
申込み:別紙申込書に必要事項をご記入し, E-mail(seminar@plasticsage.co.jp )にて送信して下さい。(申込書が届き次第,受講票を送信します。受講票に会場の地図を添付しています)

開催案内はこちらから印刷もできます→プラスチックスエージセミナー案内

申込書はこちらから印刷してください→プラスチックスエージセミナー申込書

(参加区分について 月刊プラスチックスエージの定期購読者は26,000円、それ以外の方は、「プラスチックス・ジャパン(株)からの案内を見て」の区分29,000円でお申込みください)

このイベントの前に月刊プラスチックスエージの定期購読を申し込む方はこちら

プログラム

9.45~ 9:50 開会の挨拶
㈱プラスチックスエージ代表取締役 浅山 基弘

9:50~10:40  サステナブルな社会の実現とプラスチックのこれから
イノベーションオフィス田中 代表 田中 千秋(元東レ㈱代表取締役副社長)

10:45~11:25 紙を利用した繊維強化によるプラスチックのリサイクル技術
古河電気工業㈱ リサイクル・海外トラフ プロジェクトチーム 池内 正人

11:30~12:10 廃棄プラスチックからの水素エネルギー再生とその実用展開
昭和電工㈱ 川崎事業所 製造部 栗山 常吉

12:10~13:00 昼食

13:00~13:50 EVをはじめとする次世代自動車に見るこれからのプラスチック
ポリプラスチックス㈱ テクニカルソリューションセンター 寺岡 尚信

13:55~14:45 木材成分(改質リグニン)の開発と自動車部材などへの応用
産業総合技術研究所 化学プロセス研究部門 蛯名 武雄

14:45~15:00 休憩

15:00~15:50 可視化研究の成果と未来射出成形技術への期待
東京大学名誉教授、YOKOI Labo代表 横井 秀俊

15:55~17:00 K2019展に見る欧米化学メーカーのSDGsへの対応
プラスチックス・ジャパン㈱ 代表取締役社長  秋元 英郎

17:15~19:00 交流会