BOY、K 2022でさまざまな革新的技術を発表

デジタル化、循環型経済、気候保護は、10月19日から26日までデュッセルドルフで開催される国際的な展示会「K 2022」の主要なテーマです。

BOYは例年通り、ホール13のブースA43で、2つのフェア・プレミアとその他の興味深いアプリケーションを紹介し、この主要なトピックを取り上げます。

アルフレッド・シファー(Alfred Schiffer)は、1,250 kNまでの型締力範囲における射出成形機の専門家の計画されたプレゼンテーションについて、「今年も多くの来場者を私たちのスタンドでお迎えできることを願っています」と述べています。

見本市チームによる最初の声明によると、BOYのブースにある9台の射出成形機に加え、パートナー企業のブースにある4台の射出成形機が追加される予定とのことです。

プラスチック業界のデジタル化とネットワーク化は、K2022の重要なトピックの一つです。BOYはこのテーマにも取り組み、見本市の来場者にあらゆる革新的な技術や開発を提供する予定です。

BOYのデジタル化パッケージの新コンポーネントはALPHA 6で、16:9画面フォーマットのマシンコントロールは、新しい視覚化とシンボル化だけでなく、追加機能も搭載しています。

K 2022での初公開後、現行のProcan ALPHA® 4は段階的にALPHA 6コントロールに置き換わっていきます。

続きを読む