まとめ:Kショー

Kショー(K Show)は3年に一度ドイツのデュッセルドルフで開催される世界最大規模のプラスチック・ゴム見本市です。

K2019

K『デュッセルCLUB』報告 「K 2019 最新情報と業界動向」

K2019をおよそ半年後に控え、K 2019 実行委員会会長ライフェンホイザー氏、そしてメッセ・デュッセルドルフ代表取締役社長ドーンシャイト氏が来日して、報道関係者を対象にしたK2019最新情報と業界の動向に関するプレゼンテーションが4月19日に行われた。

募集:K2019現地視察(現地集合現地解散)1日コース

2019年10月にドイツで開催されるK2019(デュッセルドルフ)の現地集合現地解散視察ツアー(入場料・昼食代は含まず)を募集します。K2019のなかで、特に見ておくべきブースを一緒に訪問します。現場で解説するとともに、ブース説明員に説明を要請して、説明内容を伝えます。

K2019のプレビューイベントに招待されました

今年10月16日~23日にドイツのデュッセルドルフで開催される世界最大のプラスチック・ゴム見本市(K2019)のプレビューイベントが報道関係者を対象に開催されます(6月30日~7月3日)。プラスチックス・ジャパン株式会社に対して招待があり、秋元英郎(代表取締役社長)が参加することになりました。

過去のKショーに関する情報

K2016レポート(射出成形機、成形材料、特殊成形)

K2016年10月19~26日にかけてドイツのデュッセルドルフで開催された。8日間の会期で参加者は230,000人、出展社は3,285社。本報告では、材料メーカー、射出成形機メーカー、周辺機器メーカーの動向について報告。

K2016 国際プラスチック・ゴム産業展レポート(金型、ホットランナー、金型部品、流動解析について)

スタックモールドや、フィルムインサート成形用金型、オーバーモールディング(2色成形)用金型(しかも、1次成形品を成形した後に、別の2次成形用金型にセットして成形を行うのではなく、1次と2次の両方を一つの金型で成形するような金型である)、更には1サイクルで射出成形とブロー成形を同時に行うようなハイブリッド金型等。

K2016の視察報告会のスライドダウンロードサイト

プラスチックス・ジャパン株式会社が主催して開催した『世界最大のゴム・プラスチック展K2016の視察報告会in大阪』のスライドがPDFでダウンロードできます。使用したスライドの枚数は252枚です。

K2016の成形機メーカーによるリリース情報

K2016に出展する代表的な欧米の企業による事前アナウンスから得られた情報からピックアップしたものをまとめた。

K2013報告スライドダウンロードサイト

K2013の報告会で使用した資料(表紙だけ修正)です。