まとめ:ヒート&クール

ヒート&クール成形技術とは、成形サイクル中に金型の加熱と冷却を行う成形技術であり、ウェルドラインを目立たなくするなどの効果が得られる。

ロックツールは電磁誘導加熱技術でプラスチックのヒート&クール成形技術に革命を起こします

ロックツールは電磁誘導加熱技術でプラスチックのヒート&クール成形技術に革命を起こします。ロックツール社は2000年に設立、金型加熱技術において世界で最も先進的な技術であるヒート&クール技術を有し、強化繊維複合材プレス成形や高品位プラスチック成形技術を提供しています。

ヒート&クール成形技術入門

ヒート&クール成形技術はプラスチックの射出成形のサイクルにおいて金型の加熱と冷却を行う技術で、ウェルドラインを消す、シボ転写を良くする等の効果がある。加熱方法は蒸気、温水等の媒体、ヒーター(Y-HeaT等)や電磁誘導(ロックツール)がある。ヒート&クール成形したABSはめっきの密着性が良くなる。

続ヒート&クール成形技術入門

ヒート&クール成形技術入門の続編として、ヒート&クール成形をベースとした複合技術や繊維強化樹脂シートのプレス成型への応用等を中心にまとめた。

K2013におけるヒート&クール成形技術

本レターでは K2013 に出展されていたヒート&クール成形技術(金型加熱冷却技術)についてまとめて報告する。

細管ヒータ式金型急加熱冷却システム”Y-HeaT”

Y-HeaTは、細管ヒータで加熱するため金型表面温度に250℃を要するPESの生産実績があるなど熱可塑性樹脂全てに適応可能である。また、加熱範囲は、金型表面全体だけでなく、ウエルド部分のみを選択した部分加熱が可能であるため、必要以上に金型コストを押し上げることが無い。