コンサルタントの部屋(岡田きよみ)

氏名・所属

氏名:岡田 きよみ
所属:あなりす(分析サポート会社、代表)、
京都大学 工学研究科 CNFプロジェクト特定研究員

略歴

学歴

1984年   大阪大学 基礎工学部 化学工学科卒業
1991年   仏教大学(通信) 社会福祉学部 社会福祉学科卒業
2015年   京都工芸繊維大学 研究科 先端ファイブロ科学専攻 博士後期過程卒業

職歴

1984-2005  王子ホールディングス株式会社
<神埼製紙合併→新王子製紙合併→王子ホールディング、上級研究員> (主に、画像用感熱フィルムの開発および分析業務担当)
2006-2016  株式会社 パーキンエルマージャパン (分子分光シニアスペシャリスト)
2016- 京都大学 工学研究科 (セルロースナノファイバー関係 特定研究員)

保有資格・学位

工学博士

得意分野

分子分光分析(FT-IR)

事業内容

あなりす → あなたのクエストにお応えしま
また、英語で分析のことをAnalysisと言いますのでそのモジリです。

「あなりす」は分析技術サポート会社です。分析に関係あると思われることは何でもご相談ください。

これから分析を始めたい方、分析について相談したいがどこへ相談していいかわからない方、分析する必要があるが分析会社への依頼の仕方や解析結果がわからない方、分析で悩んでいる方や企業、新しく分析の部署を作りたいと思っている企業、異物やクレーム処理に悩んでいる企業、材料受け入れに何を調べればよいかわからない企業・・・etc.分析に関して何とかしたい問題を抱えている人や企業を、ご依頼者自ら問題を解決できるよう、サポートしていきます。

サポートでは、ご依頼者の置かれている状況を知った上でよりよい方向を探っていきたいと考えており、依頼者とのコミュニケーションと現場の状況把握を重視し進めていきます。

分析関係の社内および社外セミナー、(小型)FTIR本体 ATRの持込み測定・指導および解析サポート も承っております。

ホームページ

https://www.analys-japan.com/

連絡先

kiyosan-o@nike.eonet.ne.JP (迷惑メール防止のために一部の文字を全角にしています)
090-3975-4720

自己PR

大阪のおばちゃんのように逞しくなりたいと思っているのですが、まだまだ成長過程です
大学を卒業してからほぼ休みなくサラリーウーマン現役です。働く中でいろんな模索をしてきました。

大学卒業当時、エンジニアリング会社に入りたいと思っていたにもかかわらず、工学部女子は男子と同じような就職先は見つかりませんでしたが、縁あって、神埼製紙(株)に入れていただき、約20年勤務しました。育児休暇ごとに会社が吸収合併され、いつの間にか大企業となり、気がつけば王子製紙(株)の一員に。先輩には「もう一人産んでくれたら、もっと大きくなるで。」とアホなことを言われ、なるほどと思いつつそのチャンスを放棄し、会社を退職しました。約1年は子供たちとゆっくり過ごし、よい時間を持ちました。

次は、外資系にチャレンジ!これはまあ、ずいぶんと違うことばかりでびっくりです。やっと慣れたと思った10年後、会社は、関東中心となり関西の拠点はなくなってしまいました。そして、次のチャレンジ!とばかりに京都大学に席をおきつつ、何とか自分の今までの経験を活かせて独り立ちできないかと、もがいています。

いろんなことにチャレンジしたこと、物事すべてを縦割りで考えるのが嫌いだったこと(たとえば、理系と文系なんて分けるのもおかしいと思っています。なぜなら、世の中、それほどきれいに分かれることはなく、どの分野も関わっていかなければ物事進まない)もあり、自分では、広い眼で物事を考え、違う分野のこともうまく結びつけることができると思っています。

なぜ、「あなりす」を立ち上げようと思ったのか?それは、20代に仏教大学の実習で障害者の方の職業訓練を見せていただいたところがきっかけです。手のない方が足の指で自分よりも早く上手にキーボードを打っておられました。しかし、それほどの腕(足)を持っていても就職先はないという事実があり、私は、いつか、一人でも多くの人に職業を与えられることができるような仕事をしたい、と思ってきました。しかし、私が、今すぐに大きな会社をつくることができるわけではありません。今、私ができるのは、技術を身につけたいと思っている方に分析の技術を身につけていただくサポートをすることだけです。将来、そういった方々がうまく繋がって、いっしょに仕事が出来ればいいな、と思います。

私は、最初に分析担当の仕事についたとき、とても嫌でした。自分で何かを作るために分析するのであればいいけど、どうして、分析部署なのか?しかし、それは、他部署とのコニュニケーションをとってやっていけば一部ある程度は解消できる問題であることに気づきました。コミュニケーションがなければ結果もでないし、結果も活かせないし、やり甲斐もない。わかっていても両方に矢印を向かせるのは本当に難しいものです。ですから、お互いの矢印を大切にしたいと思います。

分析の仕事は地味ではありますが、幅も広く奥も深い。そして、ハードルが高い、ということを言われる人も多いようです。しかし、少しトレーニングをし、コツさえ知れば誰にでもできることばかりです。少しの工夫でわかることもたくさんあります。解析に関しても、化学名を知らなければできないということもありません。高価な分析装置を使用して、難しい解析をして、聞いたことのない化学物質名をあげるのが分析ではありません。もちろん、そう思われるものも必要なときはありますが、私の目指しているのは、それぞれの場面に合った、できるだけ簡単にできる分析方法、簡単な問題解決方法や解析を見つけ出して使っていく分析です。また、答えは一つかもしれませんが、方法はいくつもあります。自分たちにあった方法を模索することも必要だと思っています。

ちょっとした気づきで、自分たちのスキルを向上させて売り上げに繋げる。まだまだ、分析の目で見ればチャンスがあるかもしれません。
「あきらめれば、それで止まってしまう。しかし、あきらめなければ、前へ進める。」

講演/セミナー

セミナーの予定

FT-IR入門セミナー <新任者や実務1~2年目の経験の浅い方向け>

(講師)あなりす 代表 工学博士  岡田 きよみ

●日時:2018年11月16日金曜日10:30-16:30
●会場:[東京・大井町]きゅりあん 4階第1グループ活動室

●本講座ホームページアドレス:
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC181109.php

講師紹介割引申込書⇒講師割引書C09

過去のセミナー

・FT-IR測定の基礎とスペクトルデータの読み取り方【大阪開催】(2018/09/03)

・「異物分析のための基礎事項と問題解決へのアプローチ」~材料や状況に応じた最適な分析方法の選定とFT-IRの有効活用法~(2018/07/19)

・色材講演会 (2016/11/9)
FTIRイメージング法と加熱ATR法

・プラスティック成形加工学会 (2016/06/14)
5年、10年後にダイバーシティによって皆様が活発に活躍できるチームとなるためには

・豊田関連企業有機分析研究会(2015/10/09)
IRの解析・演習および分析事例

・名古屋市工業研究所セミナー(2015/02/10)
IR イメージング法の活用事例
・・・etc.

特許出願

感熱記録体関係など多数あり

学会

高分子学会
プラスティック成形加工学会
(近年、ポリマー劣化、セルロースナノファイバー関係、解析方法の学会発表数件あり)